益玩他が三七互娯等を訴えた『金貨大金持ち』ゲーム関連権利保護案件の第一審で勝訴

案件概要

 

「金貨大金持ち」ゲームは上海易接信息科技有限公司が2015年9月に開発した。益玩公司は2018年から著作権の独占被許諾権を取得し、易玩公司に中国大陸地域での運営を授権した。2020年1月現在、「金貨大金持ち」はファーウェイ、OPPO、VIVOなどの主要アプリ配信プラットフォームで24,615,000回ダウンロードされており、模擬経営ゲームの中で非常に高い知名度を持っている。

 

2020年1月、網動公司が開発し、三七互娯、尚趣玩などの会社が運営するモバイルゲーム「誰是首富」がオンライン化された。このゲームはサブテーマの内容、ゲームルール、ゲーム画面のレイアウトなどの面で「金貨大金持ち」と多くの同一点または類似点があった。

 

2020年4月、益玩公司及び易玩公司は湖北省武漢市中級人民法院(以下、「武漢中院」という)に訴訟を提起し、三七互娯等に侵害の即時停止及び経済的損失及び合理的費用の賠償を求めた。

 

判決要旨

 

武漢中院はこのほど、網動公司の研究開発、三七互娯等が運営するゲーム「誰是首富」について、不正競争が成立し、主に次の2つの面が含まれると認定する判決を下した。

 

第一に、益玩会社等に対する不正競争を構成する。武漢中院は、「誰是首富」が「金貨大金持ち」ゲーム特有の要素を大量に使用していると認定した、ゲーム開発者が他人のゲーム要素を参考にする合理的な限度を超えており、「金貨大金持ち」ゲームと同一又は類似するテーマ別内容、ゲームルール、ゲーム画面配置等のゲーム要素を利用して、先に普及・運営されていた「金貨大金持ち」ゲームがオンラインゲーム市場においてすでに形成している競争優位性を享有した。これにより、法院は、他人が先に開発したゲームの成果を不当に使用する上述の行為は、不正競争を構成すると認定した。

第二に、網動公司に500万人民元の賠償を命じ、三七互娯、尚趣玩等の企業は上述の賠償範囲内で一部の連帯責任を負うよう判決・命令した。武漢中院は、「金貨大金持ち」のゲーム知名度及び既に取得した経営業績、「誰是首富」のゲームネットワークユーザーの規模、4被告のそれぞれの行為の情状 及び役割、また、「誰是首富」ゲームによる「金貨大金持ち」ゲーム特有のデザイン要素の使用で獲得した競争優位性の貢献率などの要素を総合的に考慮し、最終的に「誰是首富」の著作権者である網動公司に対して500万人民元の賠償金額(合理的支出を含む)を認定し、経営者である三七互娯、尚趣玩公司はそのうち300万人民元、武漢機游はそのうち50万人民元の連帯責任を負うとした。

 

判決意義

 

本件は、このような「皮を交換する」盗作侵害行為に対して500万人民元という高い賠償額を判決し、オンラインゲーム業界に大きな影響を与えるであろう。本件の判決は、ゲーム作品の不正競争防止法による保護を強化し、オンラインゲームにおけるテーマ別内容、ゲームルール、ゲーム画面配置等のゲーム要素を不正競争防止法の保護対象とすることができ、「皮替え」盗作は権利侵害を構成することを明確にした。

 

「皮替え」のパクリとは、一般的に、後のゲームが先のゲームと異なるキャラクターの画像イメージ、音楽等の要素を使用し、プレイルール、数値企画、技能体系、操作インタフェース等の面で先のゲームと同一又は実質的に類似することを指す。先行ゲームの「皮替え」パクリは、ゲーム開発コストの投入を大幅に減らし、開発期間を短縮し、オンラインゲーム業界の健全な競争秩序を損なうことになる。

 

本件判決は、オンラインゲームに設置された任務の情状及び対応するゲーム規則はゲームの重要な構成部分と見なすことができ、1つのゲームが他のゲームと区別される重要な標識であり、当該ゲームの開発者はこれに対して一定の創造的労働を払っていると明確にした。後で普及、運営されたゲームは、客観的には、先のゲームと同一又は類似するゲーム要素を利用して、先に普及、運営されたゲームがオンラインゲーム市場においてすでに形成された競争優位性を享有することができる。このような行為は公平、誠実の原則に背き、オンラインゲーム市場の競争秩序を乱し、先行ゲームの合法的経営者の経営利益を損ない、不正競争を構成する。本件判決は、オンラインゲームの知的財産権保護について有益な探求を行い、現在のオンラインゲーム技術の発展に対する積極的な対応であり、オンラインゲーム産業の健全な発展の推進にとって重大な意義がある。

北京フェアスカイ特許法律事務所は、本件の勝訴側を代理しました。

Web Design San Francisco