専利法改正の実体内容の要点及び解読

2020年10月17日、習近平主席は中華人民共和国主席令第55号に正式に署名し、2021年6月1日から専利法改正案(以下、「改正案」という)が正式に実施されると宣言し、長引いた第4回専利法改正がついに決着した。実は、2012年に第4回専利法改正が開始されており、当初はいくつかの比較的明確な問題に対して小幅な改正を行う予定であったが、当時は中国の経済も法治建設も急速な発展の段階に入っており、新たな問題が次々と現れ、国際国内の情勢も変化に富んでいた。専利に対する各界の理解は深まり、ひいては専利法改正に対する期待も絶えず変化し、各種の利益訴求もかつてない多元化を示していた。そこで専利法改正案がなかなか出てこないという状況が出てきた。本稿はすべての改正を全面的に紹介することではなく、改正案の実体的な改正内容を紹介し、そして解説を試み、改正案の実施にいくつかの考え方を提供することを目的とする。

第2条第4項「意匠とは、製品の全体又は部分の形状、図案又はその結合及び色彩と形状、図案の結合について作成された、美感に富み、かつ工業的応用に適した新たなデザインをいう。」

この改正は、長い間論争されていた部分的な外観保護を追加しており、それは意匠制度の根本に直接関係しており、法改正の過程において論争が大きく、何度も起伏を経験してきた。その理由は、主に次の2つにある。第一に、部分意匠制度を導入すると、意匠の理論的・価値的な再構築を引き起こす恐れがあり、修正幅が大きすぎる場合、例えば、意匠の意匠創作価値を明確にするか否か、意匠創作価値を評価する主体として当業者を導入するか否か等の問題にかかわる可能性がある。第二に、外観は専利に係わっており、実体審査を必要とせずに権利を付与することができるので、もともと権利付与の質を高める必要があるという圧力があり、もし更に一部の外観を導入すれば保護範囲の拡大を招くことになるが、この場合には公共の利益をどのようにバランスさせるべきであろうか。意匠実体審査制度をさらに導入する必要があるのか。

この改正は意匠の国際化との連携に有利であるだけでなく、中国の意匠制度の問題にあるべき意義をよりよく体現していると筆者は考えている。現行の専利法では、部分的外観保護制度がないので、その保護は主に一般消費者レベルの「混同」又は全体的外観の類似を避けるという低レベルの価値の実現に重点を置いている。しかし、専利法では、意匠制度を含む専利制度の立法趣旨が「発明創造の奨励」、「イノベーション能力の向上」であることが明確に述べられている。このことから、意匠は更に高いレベルの意匠創作価値を保護すべきであることがわかる。現在の意匠 侵害司法実務において,デザインの要点、デザインの自由度等の要素に基づいて意匠における各デザイン要素に対して重み調節を行うことができるが、このような調節の効果は結局限定的であり、権利侵害の実質的条件は依然として製品全体の意匠と権利侵害が疑われる製品全体の外観との対比、及び二者が同一又は類似するか否かの判定を逸脱することができない。本条の改正はこの問題を根本的に解決するであろう。他方、意匠は発明特許と異なり、技術、性能等以外のデザイン空間に存在し、ある角度から言えば芸術デザインの工業製品における延長である。したがって、その設計空間の自由度の潜在力は大きく、新技術の普及に支障をきたすべきではないので、公共の利益に対する損害は比較的小さい。そして、意匠の実体審査も大勢であり、実行は時間とタイミングの問題にすぎないと筆者は考えている。

関連する具体的な細則はまだ発表されていないが、中国の部分外観制度は米国のように開放的ではなく、日本の制度により近いものになる可能性があることが予想される。具体的に言えば、部分外観としても該当製品の当該部分の全体外観から外れることはできず、米国のように対応製品上の点、線、面又は特定のデザイン要素を任意に取捨選択することができない。また、部分的な外観については、保護範囲の拡大とのバランスをとるために、より高いデザイン制作の高さが必要になることも予想される。

第6条第1項「所属組織の任務を遂行し、又は主に所属組織の物質的・技術的条件を利用して完成した発明創造は職務発明創造とする。職務発明創造の特許出願権は当該単位に帰属し、出願が認可された後、当該単位を特許権者とする。当該組織は、法によりその職務発明創造の特許出願権利及び特許権を処分し、関連する発明創造の実施及び運用を促進することができる。

第15条第2項「国は、専利権を付与された単位が財産権奨励を実行し、持分権、オプション、配当等の方式を採用し、発明者又は創作者がイノベーション収益を合理的に共有できるようにすることを奨励する。

民商事分野における意思自治原則の適用拡大に伴い、職務発明に対する事業体の自由な処分権も現実的なニーズとなっているが、事業体の職務発明に対する自由な処分を許可すれば専利法の職務発明に関する規定に違反するのではないかと多くの人が懸念しており、特に国有企業にとっては国有資産の流失の疑いがより懸念されている。改正法第6条第1項の追加内容は、この対立を巧みに解決している。具体的には、発明創造の原始的取得と承継的取得とを区別することにより、明確な職務発明が誕生した当初は、事業体は原始取得の方式で当然その所有権を有しており、事業体が自由に処分権を行使することを制限せず、他人に継受取得の方式で当該発明創造の専利出願権及び専利権を取得させることは、一石二鳥といえる。

しかし、第15条第2項 の改正も意思自治の原則を更に体現しており、事業体が特定の形式及び金額を通じて発明者に対して奨励を行わなければならないことを強制するのではなく、特に「奨励」という言葉を親密に使用して意思自治の原則を更に強調している。また、開放的な方式で奨励を定義したことも経済の急速な発展の趨勢によく適応し、法律の条文に更に良い先見性と適度な柔軟性を持たせた。

 

第20条「専利出願及び専利権行使は信義誠実の原則を遵守しなければならない。専利権を濫用して公共利益又は他人の合法的権益を害してはならない。

専利権を濫用し、競争を排除又は制限し、独占行為を構成する場合、「中華人民共和国独占禁止法」に基づき処理する。」

本条は新たに追加された条項であり、その着眼点は主に次の2つの面にある。第一に、誠実信用原則の特許活動における当然の適用を強調した、第二に、専利法は専利にかかわる独占行為を単独で規定せず、独占行為の認定は依然として独占禁止を基準とすることを明確にした。他方、現行の独占禁止法では、例示プラス開放の形式で独占行為を規定しているが、例示された独占行為には専利にかかわる独占行為が明確に記載されていない。その開放条項に基づいて専利権にかかわる独占行為を認定する場合には、等価性及び特別な法律条項の規定がないという2つの条件を満たさなければならない。しかし、過去の実務においては、専利権自体に先天的独占性があり、独占禁止法の適用対象となるべきではないという誤った認識があった。本改正では、このような誤った認識が是正され、専利権にかかわる独占行為は他の独占禁止法における例示的独占行為との間に等価性がある可能性があり、かつ専利法は専利にかかわる独占について排除規定をしないことが明確化された。これにより、専利法と独占禁止法との体系的なリンクがうまく実現された。

 

第24条第1項「特許を出願する発明創造は、出願日前6ヶ月以内に、次の各号のいずれかに該当する場合、新規性を喪失しない。(一)国に緊急事態又は非常事態が発生した際に、公共の利益を目的として初めて開示された場合。」

この条項には新規性を喪失しない例外的な要件が追加されており、この改正は最近の新型コロナウイルスの大流行の課題によく合致しており、特許出願制度における公共の利益に対する考慮をよりよく体現している。ここでは、文字レベルでの記述から、非常事態や非常事態、公共の利益は特に中国を指すべきであり、つまり条項の中の「国家」は狭義に解釈すべきであるという点に注目している。

なお,本項の適用時、医薬品の特許に関わる場合には,特許リンク制度やデータ保護制度と共に医薬品特許に関わる原研薬者,後発薬者および公共の利益とのバランス調整を構成する。

 

第42条第1項「発明専利権の存続期間は20年、実用新案専利権の存続期間は10年、意匠専利権の存続期間は15年とし、いずれも出願日から起算する。」

この改正は主に2つの方面の考慮に基づいている、一方では、中国が意匠ハーグ条約に加盟するために法律上の障害を取り除くことであり、他方では、世界の各知的財産権大国を見渡すと、その意匠に対する保護はいずれも比較的長く、あるものは20年又は25年にも達しており、中国はこの面でやや遅れているように見え、中国の知的財産権大国の地位にあまり見合っていない。また、先にも述べたように、意匠専利はそれ自体の属性に基づいており、新技術の伝播に対する制限が小さく、保護期間を延長しても公共の利益に対する影響が小さい。

 

第42条第2項「発明専利の出願日から4年が経過し、かつ実体審査請求日から3年が経過した後に発明専利権が付与された場合、専利権者は、発明専利の権利付与過程における不合理な遅延について専利の有効期間の補償を請求することができる。ただし、出願人によって生じた不合理な遅延は除く。」

この改正は、他の国の対応する制度を参照して行われた外因性の改正であり、現行専利法の価値評価に対する精緻な改善でもある。しかし、各主要知的財産権大国を細かく見ると、特許期間に対する補償について異なる考慮及び計算方法がある。下位法令において特許期間の延長をどのように細分化するかが焦点となることが予想される。

第42条第3項「新薬の上場審査評価審査認可の占有期間を補償するため、中国で上場許可を取得した新薬発明専利について、国務院特許行政部門は専利権者の請求に応じて存続期間補償を与えることができる。補償期間は5年を超えず、新薬の上場後の総有効専利権存続期間は14年を超えない。」

第76条「薬品上場審査評価審査認可の過程において、薬品上場許可申請者と関連専利権者又は利害関係者との間に、登録を申請した薬品に関連する専利権により紛争が生じた場合には、関連当事者は人民法院に提訴し、登録を申請した薬品の関連技術方案が他人の薬品専利権の保護範囲に入るか否かについて判決を下すよう請求することができる。国務院薬品監督管理部門は所定の期限内に人民法院の確定した裁判に基づき関連薬品の上場認可を一時停止するか否かの決定を下すことができる。

薬品上場許可申請者と関連する専利権者又は利害関係者は、登録を申請する薬品に関連する専利権紛争について国務院専利行政部門に行政裁決を請求することもできる。

国務院薬品監督管理部門は国務院専利行政部門と共同で薬品上場許可審査認可と薬品上場許可申請段階における専利権紛争解決の具体的な連携方法を制定し、国務院に報告し同意を得た後に実施する。」

ここで、第42条第3項及び第76条はいずれも薬物特許リンク制度に関連している。周知のように、米国の医薬品特許リンク制度は、確立が最も早く、これまでで最も完備された医薬品特許リンク制度であると認められており、結果的には、原研薬の研究開発もジェネリック薬の生産も世界トップの地位にある。したがって、中国の薬物特許リンク制度も米国の制度をより多く参考にしている。米国の薬物特許リンク制度は体系化された一連の制度の集合であり、主に「保護期間延長」、「オレンジブック」、「Bolar例外」、「ANDA出願(ジェネリック医薬品簡略化出願)」、「特許挑戦」、「訴訟期間」、「抑止期間」、「独占期間」及び特許制度から独立した「データ保護」等を含む。各制度間の相互制約は,原研薬者,ジェネリック薬者及び公共利益の三者間の利益バランスをうまく実現している。

内容を見ると、第42条第3項は米国の薬物リンク制度における「保護期間延長」制度に対応している。一方、第76条第1項は米国の薬物リンク制度における「特許挑戦」制度に対応している。これに現行専利法の第69条5項に規定されている米国のボラの例外に似た制度を加えても、中国の現行制度体系(薬品管理法及びその実施条例、薬品登録管理弁法、薬品の品質と治療効果の一致性を防止する評価の展開に関する意見、審査評価審査認可制度改革の深化による薬品医療機器の革新奨励に関する意見、中米経済と貿易協定などを参照)を見渡すと、アメリカの全体的な制度に比べて、まだ多くの制度が欠けている。したがって、より多くの薬物特許リンク制度が薬物にかかわる審査認可法律法規において整備されるであろう。また、中米2つの国情は異なり、中国の国情にどのように適応するかという問題もある。この問題を解決するために、第4項の規定により、将来の立法の余地が残された。

また、法改正の意見募集の段階では、筆者を含む多くの人が漢方薬に対する特別な保護を訴えている、この点は本改正法では明確に示されていないが、将来的に整備される特許薬物リンク制度において、生物薬、化学薬及び漢方薬についてそれぞれ自身の異なる特徴に基づいて異なる保護制度を制定するというニュースを筆者は得た。

また、第76条第1項における非常に中立的な表現「登録出願された薬品の関連技術方案が他人の薬品特許権の保護範囲に入るか否か」に注目した。これは米国の医薬品特許リンク制度では特許侵害と擬制されている。ここで権利侵害のような表現が使われていないのは、特許侵害の定義を突破することに対する立法者の慎重さが見て取れると共に、薬品特許リンク制度におけるより多くの内容は薬品審査認可関連法律法規に規定されているので、ここで既存の特許侵害の定義を突破して新たな特許侵害類型を別途作成する必要性はない。

 

第50条「専利権者が自発的に書面により国務院専利行政部門に如何なる単位又は個人にもその専利の実施を許諾する意思があると声明し、かつ許諾使用料の支払い方法、基準を明確にした場合、国務院専利行政部門はそれを公告し、開放許諾を実行する。実用新案専利、意匠専利について開放許諾声明を提出する場合、専利権評価報告を提供しなければならない。

専利権者が開放許諾声明を取り下げる場合、書面により提出しなければならず、国務院専利行政部門はそれを公告しなければならない。開放許諾声明が公告により取り下げられた場合、先に付与された開放許諾の効力に影響を及ぼさない。」

第51条「如何なる単位又は個人も開放許諾された専利を実施する意思がある場合、書面により専利権者に通知し、かつ公告された許諾使用料支払方式、基準に基づき許諾使用料を支払った後、直ちに専利実施許諾を取得する。

開放許諾の実施期間において、専利権者が納付した専利年金に対して相応に減免を与える。

開放許諾を実行する専利権者は被許諾者と許諾使用料について協議した後に通常実施許諾を与えることができるが、当該専利について独占的又は排他的実施許諾を与えてはならない。」

第52条「当事者が開放許諾の実施について紛争が発生した場合、当事者間の協議により解決し、協議を望まない又は協議が成立しなかった場合、国務院専利行政部門に調停を請求することができ、人民法院に提訴することもできる。」

ここで変更された条項のいくつかは、新しい条項であり、それが結合して全く新しい専利開放許諾制度を構築した、この制度の最大のハイライトは、意思自治の原則を十分に尊重し、専利強制許諾のように行政強制の烙印を残すのではなく、既存の法律の枠組みの下で、専利権者の選択の肢を増やし、柔軟に権利者を奨励し、誘導することにある。特に、専利権者がオープンライセンスを実施したとしても、個別協議により通常ライセンスを実施することができることを明確にした。ここで、専利ライセンス自体は許諾者と被許諾者の意思自律に基づいており、ライセンス料に影響を与える要素も多いので、個別協議のライセンス料がオープンライセンスのライセンス料を下回った場合に信義誠実の原則や公平の原則に反する疑いが生じる心配はない。

 

また、改正法第52条では、当事者の意思自治、行政及び司法の多元化紛争解決ルートが明確化されており、その内容も実質的に注意的規定であり、上述の原則はもともと民事活動における紛争解決を貫く基本原則であるからである。

 

第66条第2項「専利権侵害紛争が実用新案専利又は意匠専利に係る場合、人民法院又は専利管理部門は専利権者又は利害関係者に対し、専利権侵害紛争の審理、処理の証拠として、国務院専利行政部門が関連する実用新案又は意匠について検索、分析及び評価を行った後に作成した専利権評価報告を提出するよう要求することができる、専利権者、利害関係者又は権利侵害で訴えられた者も自発的に専利権評価報告書を発行することができる。」

ここでの改正について、元の「改正草案」における相応の表現は「双方当事者」であり、具体的には専利権者及び権利侵害で訴えられた者を指す。明らかにこの表現には抜け穴があり、例えば、第三者の重大な関係者に損害を与える状況があり、又は専利権者が積極的に権利を行使しない状況があり、ひいては双方当事者が共謀して第三者の利益を損ねる状況がある可能性があり、本修正はその穴をうまく埋めた。

また、筆者が最近入手した情報によれば、将来的に実務面では強い関係者の資格について形式審査を行うだけで、さらには陳述するだけでよく、つまり実質的に無効の提起と同様に誰でも専利権評価報告書を発行することができる局面になるだろう。この点は当初の改正草案の意見募集段階では賛成しない声が多く、主に専利権の過度な不安定化を招くのではないかという懸念があった。専利権自体に強い対世効があり、まず主体不適合の問題がなく、また、無効制度に比べて行政や司法資源を過度に浪費したり、専利権を過度に不安定化させたりしていないので、このような心配は全く必要ないと筆者は考えている。逆に、現在は無効手続においてしか解決できない多くの紛争を早期に解決することができ、他方では実用新案専利権及び意匠専利権の質の向上にも有利である。

 

第68条「専利を詐称した場合、法に基づき民事責任を負うほか、専利法執行責任部門が是正を命じ公告し、違法所得を没収し、違法所得の5倍以下の罰金に処することができる、違法所得がない又は違法所得が5万元以下の場合、25万元以下の罰金に処することができる、犯罪を構成する場合、法により刑事責任を追及する。」

この改正内容によると、罰金は現行の違法所得の4倍から5倍に引き上げられ、罰金額も20万元から25万元に引き上げられた。これはもちろん違法の処罰力を高めたものであるが、その改正金額が非常に限られていることは明らかであり、実際には現行の他の法律(例えば商標法)における類似規定との一致を保つことがより主要な目的である。また、違法所得5万元以下の場合も25万元以下の罰金に適用する規定が追加されたが、これも5倍の懲罰的賠償条項との抵触を避けるためである。したがって、全体的に見れば、ここでの修正は実質的に体系化された適応的な修正である。

 

第69条「専利法執行責任部門は既に取得した証拠に基づき、専利詐称疑行為を調査、処分する際、次の措置を講じる権利を有する:

(1)関係当事者に質問し、違法被疑行為に関連する状況を調査する、

(2)当事者の違法行為の疑いがある場所に対して現場検査を実施する、

(3)違法被疑行為に関連する契約書、領収書、帳簿及びその他の関連資料を閲覧、複製する、

(4)違法の疑いがある行為に関連する製品を検査する、

(五)専利詐称製品であることを証明する証拠がある場合、封印又は押収することができる。

専利管理部門は専利権者又は利害関係者の請求に応じて専利権侵害紛争を処理する場合、前項第(1)号、第(2)号、第(4)号に掲げる措置を講じることができる。

専利法執行に責任を負う部門、専利業務管理部門が法に基づき前2項に規定する職権を行使する場合、当事者はこれに協力、協力しなければならず、拒絶、妨害してはならない。」

この改正は現行の専利法第64条を基礎として改正されたものであり、その核心は追加された第2項であり、主に専利管理業務部門が採ることができる強制措置を考慮しており、法により専利管理業務を職権により実施することができるほか、そのうちの一部は出願により始めることもできる。特に、第一項に挙げた複数の措置のうち、第(二)号と第(五)号が行政強制措置に該当するほか、第(一)号、第(二)号、第(四)号はいずれも行政強制措置に該当しないため、職権による発動の制限を受ける必要がない。既存の法律に違反しない枠組みの下で、専利権者又は強い関係者の権利主張により多くの便宜を与えることができる。

第71条「専利権侵害の賠償金額は、権利者が権利侵害により被った実際の損失又は権利侵害者が権利侵害により獲得した利益に基づき確定し、権利者の損失又は権利侵害者が獲得した利益を確定することが困難な場合には、当該専利実施許諾料の倍数を参照して合理的に確定する。故意に専利権を侵害し、情状が深刻な場合、上述の方法により確定した金額の1倍以上5倍以下で賠償金額を確定することができる。

権利者の損失、権利侵害者が取得した利益及び特許使用許諾料を確定することがいずれも困難な場合、人民法院は特許権の類型、権利侵害行為の性質及び情状等の要素に基づき、3万元以上500万元以下の賠償を確定することができる。

人民法院は賠償金額を確定するために、権利者が挙証に尽力しており、権利侵害行為に関連する帳簿、資料が主に権利侵害者によって把握されている場合には、権利侵害者に権利侵害行為に関連する帳簿、資料の提供を命じることができる、権利侵害者が帳簿、資料を提供せず、又は虚偽の帳簿、資料を提供した場合、人民法院は権利者の主張及び提供した証拠を参考に賠償金額を判定することができる。」

第1項の改正内容のハイライトは、賠償金額の確定方式を確定する際に、実際の損失と獲得した利益との間に適用される優先順位があるか否かにある。この点については論争が比較的大きく、意見募集稿の段階になっても優先順位が留保されているが、第二審稿では二者に適用される優先順位が取り消されている。実際の損失優先を支持する考慮は、特許賠償制度はやはり補填を原則とすべきであり、損害がなければ賠償はないということである。権利侵害の観点から見ると確かにそうである。だが、もっと広い民法の世界に目を向けると、別の視点があることに気づく。具体的には、実際の損失は民法制度における損害賠償に対応し、得られた利益は不当利得に対応する。民事上の権利が侵害された場合、損害賠償と不当利得返還の競合が生じた場合、被害者は両者のいずれかを自由に選択して権利を主張する権利を有する。したがって、改正案は意思自治の原則を体現するだけでなく、理論的枠組みからも民法とよりよく結びついている。

第2項では、賠償下限を設けるか否か、下限閾値をどれだけ適切に設定するかについても議論が多かった。二審稿の段階になっても、やはり賠償額の下限を設けない傾向が強かった。公平の原則、5倍の懲罰的賠償、及び中国の現在の特許権付与件数は膨大であるが権利の質はあまり良くないという実際の国情等の要素を考慮すると、下限を設けない方が確かに個々の事件の実体的公平に有利である。しかし、マクロ的に見ると、中国の専利の質は向上しつつあり、知的財産権の保護力も増大しつつあり、下限を設けることはより先見性と制度面での価値がある。一方、3万元の下限閾値は、権利者の基本的な訴訟コストに配慮したものである。

第4項の改正は、民商事分野における基本的な主張者が立証する原則に対する大胆な突破であり、主な目的は専利権者の立証が難しいという問題をよりよく解決することである。現在、専利侵害訴訟においては、権利者の挙証が不十分であるため、法院が賠償額を確定する割合が非常に高く、このようにすることは、実際の認定において認定の根拠が不足するという法院の困難をもたらす一方で、権利者と侵害者との間で公平を実現するのにも不利である。また、証拠自体の形成、収集及び挙証責任配分の論理から言えば、改正法もより科学的であり、結局、権利侵害側は往々にして証拠の形成者であり、証拠の保有者でもある。また、改正法は、専利侵害訴訟における信義誠実原則の適用をよりよく体現している。

以上からわかるように、改正法における改正内容を総覧すると、意思自治原則の更なる適用が貫かれており、専利法と民法部門における他 の上位法又は部門法との間の協調及び連携もよりよく整備されていることがわかる。上記で紹介した条項のほかに、改正案には手続的問題、行政機構名称の変更又は文字表現等の改正にかかわる条項がいくつかあるが、ここでは言及しない。

 

 

Web Design San Francisco