2018年中国知的財産訴訟の結審案件数が引き続き増加

 最高人民法院が最新発表した業務報告によれば、2018年中国の各裁判所における知的財産に関する一審案件の結審数は288,000件であり、前年同期比で41.8%上昇した。  公表データによると、2018年、全国における専利(特許、実用新案、意匠)訴訟案件の総数は77,276件であり、前年同期比41.8%増である。その中で、専利権侵害紛争案件は34,597件であり、前年同期比22.8%増である。偽物品や模倣品専利権案件は42,679件であり、前年同期比10.9%増である。商標に関する法律違反案件は3.1万件あり、関連商品の被害総額は5.5億人民元に相当する。また、初めて集積回路のレイアウト設計に関わる権利侵害案件を処罰した。

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.
Web Design San Francisco