2019-2020年グローバル生物化学医薬産業発明特許ランキング

人々が自分の健康にますます注意を払い続けることに伴って、中国の生物化学医薬品市場は急速な成長を維持している。この背景の下で、独立したイノベーション能力を有する企業は、間違いなく開発においてより競争力を持つようになっている。2019-2020年に公開されたグローバル生物医薬産業特許出願件数を分析したので、ご参照ください。

 

一、2019-2020年グローバル化学薬産業発明特許ランキング

2019年4月1日~2020年4月1日に公開されたグローバル化学薬産業発明特許出願件数の統計ランキングによると、TOP5の医薬企業はRoche(1,754件)、Novartis(1,731件)、Merck(1,486件)、Bayer(1,182件)、Johnson & Johnson(1,127件)である。中国の最高位の企業は蘇州恒瑞であり、その発明特許出願件数は452件で、22位である。

 

二、2019-2020年グローバル細胞治療領域発明特許ランキング

2019年04月01日~2020年04月01日のグローバル細胞治療領域の発明特許出願件数の統計ランキングによると、TOP50は9の国、地域の企業からなり、主に米国(32)と中国(9)に分けられ、その中でNovartisが1位、中国の恒瑞製薬が9位、更に、中国の8の企業と研究機関がTOP50に入っており、中国が細胞治療分野における強力なイノベーション能力を有することを証明している。

 

三、2019-2020年グローバル二重特異性抗体領域発明特許ランキング

2019年4月1日~2020年4月1日に公開された二重特異性抗体分野における発明特許出願数の統計ランキングによると、TOP50は多くの国、地域の企業からなり、その中で中国企業は好成績を上げており、恒瑞医薬が7位、西安楊森が9位の他、北京韓美製薬、信達生物、四川科仑製薬、南京伝奇がTOP50に入っており、中国が二重抗体分野においても強力なイノベーション能力を有することを証明している。

出典:IPRdaily

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.
Web Design San Francisco