国家知識産権局、2020年のデータを発表

1月22日、国家知識産権局は2021年第1四半期の定例記者会見を行い、中国における特許、商標、地理的表示、集積回路レイアウト設計の統計データを発表した。

 

一、特許

2020年、発明特許を53.0万件授権し、実用新案特許を237.7万件授権し、意匠特許を73.2万件授権した。受理したPCT国際出願は7万2千件であり、そのうち中国内出願人による出願は6万7千件である。

2020年末まで、中国国内(香港、マカオ、台湾は含まず)の発明特許の有効件数は221万3千件である。

 

二、商標

2020年、商標出願件数は911万6千件、登録件数は576万1千件であり、商標登録の平均審査期間は4ヶ月に短縮された。

 

三、地理的表示

2020年、地理的表示商品の保護申請を10件受理し、地理的表示商品の保護を6件認可した。また、地理的表示製品専用標識を利用できる企業を1,052社認可し、地理的表示商標の登録を765件認可した。

 

四、集積回路レイアウト設計

2020年、集積回路レイアウト設計登録出願は14,375件であり、前年同期比で72.8%増加した。また、証明書発行件数は11,727件で、前年同期比で77.3%増加した。

 

出所:国家知識産権局

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.
Web Design San Francisco