中国税関、2020年に知的財産権侵害の疑いのある商品を5600万個以上差止

税関総署によると、2020年、国家税関が差止した輸出入知的財産権侵害疑惑品のバッチ数は6万1900個で、前年比20%増、差止された侵害疑惑品の数は5,618万1900個で、前年比20%増となった。

2020年、国家税関は、国境を越えた電子商取引における侵害や違法行為に対抗するために、綿密な知的財産権保護措置を実施した。新型コロナウイルス流行の予防管理の要求と合わせて、輸出入の感染予防物資の知的財産権の保護を強化し、全国の税関で医療用マスク、防護服、体温計、呼吸器などの侵害リスクの高い感染予防物資の審査と調査を強化した。

2020年には、知的財産権の税関保護の出願が認められた件数は1,516万3,000件で、前年比16%増となっています。「知的財産権税関保護執行システム」のバージョンアップ版が全国的に普及し、侵害事件のペーパーレス処理を実現し、事件処理手順の標準化、事件処理の効率化、権利者の権利保護コストの最小化を実現している。

 

出所:新華社金融網

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.
Web Design San Francisco