王栄

弁護士/特許弁理士

主な業務分野である特許書類の作成、特許調査及び特許分析などで数年の経験を積み、それと同時に、特許復審、無効及び特許訴訟分野の大量の案件を処理しました。また、著作権、不正競争及び商業秘密などの分野を深く研究しており、クライアントに全方位の知的財産サービスを提供します。

特許法律サービス領域において、以下に代表するような豊富な経験を有しています。愛奇藝とUC間の特許仮保護期間利用料金に関する紛争案件を代理し、非侵害抗弁の主張及び従来技術抗弁で応訴、答弁すると共に、特許復審委員会に特許の無効を提出してUCの特許を無効にし、愛奇藝に訴訟と無効の勝利を得ました。大疆と高域間の特許無効案件を代理し、高域が大疆に20件の特許権を侵害するとして起こした侵害訴訟に対抗するため、高域の特許に対して特許無効を主張して高域の特許を無効にし、大疆は訴訟と無効の勝利を得ました。光威和通と煜騰間の特許侵害及び無効案件を代理し、光威和通を代理して煜騰による特許侵害を提訴し、それと同時に煜騰から起こされた特許無効主張に応対し、訴訟及び無効案件の勝利を得ました。特許権者である方可成がグーグルのAndroidシステムがその特許権を侵害するとして主張した、方可成とグーグル間の特許侵害を代理し、方可成を代表して特許分析及び弁護士書簡の送信を行い、侵害及び実施許諾について交渉しました。タオバオ店舗に大量の海賊版書籍が出現した、北航社とタオバオ店舗間の海賊版の行政処置案件において、販売量が膨大で、北航社図書の正常出版に大きな損失を招いていたため、小職が積極的に調査し、海賊版の書籍倉庫を封鎖し押収するよう文化法執行部署に連絡しました。

技術分野:コンピューター

教育背景:西南政法大学 法律修士

言語:中国語、英語

Web Design San Francisco