商標局、「口頭審理」のノーマライゼーションモードを開始

最近、新たに建設された商標評審廷が中国商標ビルで正式に使用されるようになり、商標評審の「口頭審理」の正常化の「オフライン+オンライン」の作業モードが正式に開始されたことを示している。審理当日、商標評審7課は「大孚DaFu Feiyue及び図形」の不登録査定不服審判事件、及び「聚豊園」無効宣告事件の2件について、オンライン口頭審理を実施した。

近年、商標局は力を込めて商標評審の開放を推進し、口頭審問及び北京市外の巡回評審廷の建設を積極的に実施し、社会監督を受け入れ、当事者の正当な権利と利益を充分に保護する。紛争が大きく、法律関係が複雑な一部の事件の口頭審理は、審査官が事件の事実をより正確に把握し、行政判断の正しさをさらに向上させ、当事者の正当な権利利益を強力に保護するのに役立つ。

 

出所:国家知的財産権局商標局

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.
Web Design San Francisco